The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

35.28

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

34

Alc.%

55.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1975/01

Outturn(ボトリング本数)

183

Release(リリース日)

2009 Autumn

 

 

Title(題)

古い粗布の大袋の中でパネラーの言い争い Panel members quarrel in old sack

コメント

加水前の香りは、多種多様な印象を与える。あるものは蜂の巣やカラメルのこってりした甘さを、あるものは蜜蝋のつや出しや‘マジックバルーン(膨らませてねじって動物などを作る風船)’を感じたものもいる。また別のものは、濃厚でスパイシーな木材、かすかにフェノールやミカン、チューリップを見つけるもいる。“古いシェリー酒”とジョーディー ブレンダーが言い、“布で樽の栓をするスペインの古い白ブドウ酒”とモファットマンが言う。味は、影響力があり、生き生きとして、ひりひりと辛い。綿菓子や砂糖漬けのオレンジ、甘く焦げた木材の味がする。メンソールやラベンダーの強い酒(チクチクとした舌への刺激)を伴う。加水すると、フライヤーズ バルサム(バニラの香りの安息香/チンキの一種)、ブラッドオレンジ、バニラ、焦げたフィーロを使ったパイやタルトの香りがする。一方、味は、苦いオレンジ、胡椒のきいたスパイス、コールタール石鹸の上の蜂蜜が感じられる。エルギンの町の中心地に近いところで、蒸溜されている。

Comment

The unreduced nose inspired diverse impressions; some commented on the heavy sweetness of honeycomb and caramel, some identified beeswax polish and 'magic balloons'. Others found rich, spicy wood, a touch of phenols, mandarins and tulips. `Old Sack sherry` said the Geordie-blender; `Old sack bung-cloths` said the Moffat-man. The palate was huge, lively and hot, delivering spun sugar, candied orange and sweet charred wood with menthol and lavender spikes. Water brought Friar's Balsam, blood oranges, vanilla and burnt filo pastry to the nose while the palate swam with bitter orange, peppery spice and honey on coal-tar soap. Distilled near Elgin's town-centre.

Price(価格)

¥21,000

プリントアウト用PDF

35.28.pdf PDF

リストへ戻る