The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.96

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

10

Alc.%

56.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1999/08

Outturn(ボトリング本数)

668

Release(リリース日)

2010/12

 

 

Title(題)

キャビアチョコレート Chocolate Caviar

コメント

飲めば直ちにアイラ島のモルトハウスにいるような気分になる̶ピートのにおいや爽やかな塩の香り。
さらに、焙煎されたモルト風味のチョコレートフォンデュとジンジャーケーキ̶暖かで親しみやすく、強烈に芳醇なピートの香り。大地と暖かな土の香りが、暑い日の夕暮れ時のダンネージハウス(貯蔵庫)を思い出させる。加水前の味は、混じりけのないピートらしさや、チョークのような舌触りと供に甘さと塩辛さを同時に感じる̶砂糖がけのアーモンドとマンザリニャ シェリー。加水後の香りに飽きることはない。塩味のトフィー、ダークチョコレートやリコリスが、燻したアーモンドの香りに混乱させられる。
口当たりは極めてなめらか、波立つチョコレートに包まれたまろやかなピートを感じる。
キルダルトン ロードの終着点に建つ蒸溜所は、3 基のパゴダを持っている。
カラー-ジャマイカ ジンジャー ゴールド(1.2)  
■ソサエティ日本支部の一言
【ビターチョコ、アーモンド、メイプルシロップ、シェリーの仮面をかぶったスモークカカオ】

Comment

We were instantly transported to a maltings on Islay - peat reek and fresh saltiness; chocolate roasted malt fondue and gingercake - warming, friendly and intensely mellow peat. Earth and warm soil brought thoughts of dunnage warehouses at dusk after a hot day. The unreduced palate was pure peatiness, both sweet and salty with a chalky texture, sugared almonds and Manzanilla sherry. The reduced nose held our interest, with salted toffee, dark chocolate and liquorice whirls with smoked almonds. The palate was now exceedingly smooth with velvety peat encased in rippling chocolate. The distillery, at the end of the Kildalton Road, has three pagoda roofs.
Colour - Jamaican ginger gold (1.2)

Price(価格)

¥7,000

プリントアウト用PDF

33.96.pdf PDF

リストへ戻る