The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.93

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

10

Alc.%

55.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Butt

Distilled(蒸溜年)

1999/08

Outturn(ボトリング本数)

626

Release(リリース日)

2010/10 Ex.

 

 

Title(題)

タールを含むペパーミントティー Tarry peppermint tea

コメント

バニラファッジは、すぐにコールタール石鹸に圧倒される―“フェノールの上に漂う芳しい香りのスモークのかすかな風”―やがて木炭が香る。加水前の味は、‘濃厚な甘さ’、のちに若木や小枝の木炭、新鮮なクローブ、または歯磨き粉のようなミント味が感じられる。加水すると、まるで“農場に”に置いたようだ。ひょっとしたら馬小屋の中かもしれない―キャンバス地、麻ひも、熟成した馬の肥やし(というものもいる)。口当たりは優しくなめらかで、味は甘くかすかに塩味を感じ、フィニッシュにスモーク、あと味にタール、同時に‘ペパーミントティーのような’爽やかで涼しげな趣きも感じる。通常は強く刺激的なモルトが多い中、マイルドな味わいのサンプル。キルダルトンの町の最北端で製造。

Comment

Vanilla fudge is soon overwhelmed by Coal Tar soap - `a light breeze of fragrant smoke wafting over carbolic` - and later charcoal. Tasted at natural strength, we discerned a 'dense sweetness' then green sticks and charcoal sticks, and a fresh clove- or toothpaste-like mintiness. Water places it `down on the farm` - perhaps in a stable: canvas, hemp rope and mature horse manure (according to one). The texture is soft and smooth, the taste sweet and lightly salty, with smoke in the finish and tar in the aftertaste, but also a fresh, cooling effect `like peppermint tea`. A mild example of an unusually pungent malt, made at the northern-most end of Kildalton Parish.

Price(価格)

¥7,000

プリントアウト用PDF

33.93.pdf PDF

リストへ戻る