The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.82

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

12

Alc.%

53.5

Cask Type(樽の種類)

2nd Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1997/10

Outturn(ボトリング本数)

235

Release(リリース日)

2010 Summer

 

 

Title(題)

ウエットスーツの濡れた煤 Wet soot on a wetsuit

コメント

コールタールの石鹸、TCP(うがい薬)、ヘザー、パルマバイオレット(タブレットのお菓子)、灰と糖液が香る。新鮮で、海の爽やかな空気を含んだシーフード(イセエビのレモン添えまたはサバの燻製のホースラデッシュ添え)の香りも伝わる。“Wet soot(濡れた煤)”と言うものもいれば、“ウエットスーツ”に賛同するものもいるので、煙突に突っ込んでしまったダイバーを思い浮かべて笑ってしまった。味は、甘さから始まり、やがて大きくて乾いた煙(シポトレチリの燻製)が影響を及ぼしはじめ、最後に少量だが間違いなく灰皿を感じる。加水後の香りは、甘い帆立と燻製されたパプリカを示唆。その一方で、シトラス、ラベンダー、ハルバ(ゴマと蜂蜜のトルコ起源のキャンディ)とまだ燻った木材の燃えさしの味がするが、極めて飲みやすい。この蒸溜所では犬を飼い、委員会を運営している。グレンモーレンジ社が所有する蒸溜所。

Comment

The nose gave us coal-tar soap and TCP, heather, Parma Violets, ash and molasses. It also delivered fresh, ozone, seafood notes (langoustines with lemon or smoked mackerel with horseradish); someone said `wet soot` and someone else agreed `wetsuit` - we laughed, visualizing a diver stuck up the chimney. The palate started sweet, then big, dry smoke kicked in (smoked chipotle chillies) and a definite lick of ashtray in the finish. The reduced nose suggested sweet scallops and smoked paprika, while the palate had citrus, lavender, halva and still-smoking wood embers; extremely drinkable. This distillery has a dog and a committee.

Price(価格)

¥8,500

プリントアウト用PDF

33.82.pdf PDF

リストへ戻る