The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.75

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

7

Alc.%

61.5

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2001/09

Outturn(ボトリング本数)

260

Release(リリース日)

2009/ Q Summer

 

 

Title(題)

ピ--------ドカン! Penetrates and explodes

コメント

「軽いピート臭」のバージョンとして喧伝されていたが、こんなにもピート臭がまだ残っていることに驚かされた。大麦糖、シンダー トフィー&ファッジ、さらに、ガンオイル、煙突の煤やタールの匂いもする。燻されたカリカリベーコンや草の香り、薬草の要素もある。味は、甘いパルマバイオレット(タブレットのお菓子)、蜂蜜、そしてシャーベット水のストローの味が突然現れるが、アニスの実とリコリスの深み、炭とそれに重み与える灰をともなう。加水された風味は、とてもおいしく、ラベンダー風味の清涼剤と潮の強い味が浸透する。スモークはあと味に限定されるように思う。この蒸溜所は、アイラ島南東、キルダルトンの近くにある。

Comment

This was heralded as a `lightly-peated` version; we were surprised at how peaty it still remained. The nose had barley sugar, cinder toffee and fudge, but also gun oil, chimney soot and tar. It also had smoky bacon Frazzles and grassy, herbal elements. The palate exploded with sweet Parma Violets, honey and sherbet straws but with aniseed/liquorice depth and charcoal and cinders to give it weight. The taste, at reduced strength was lip-smacking and penetrating with lavender refreshers and a salty tang; the smoke seemed now confined to the after-taste. The distillery is near Kildalton on the south-east of Islay.

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

33.75.pdf PDF

リストへ戻る