The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.128

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

7

Alc.%

64.6

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2005/05

Outturn(ボトリング本数)

242

Release(リリース日)

2013/4

 

 

Title(題)

ビッグ・ダディのボディスラム A body-slam from Big Daddy

コメント

最初は焦げたワラとジャガイモの香りが石油ドラム缶で燃やした炎から出るタールの煙と一緒にやってくる - そしてレザー(サドル、ソファ、腕時計のバンド)、松、ラム酒漬けの果物、ココナッツマカロン。香りが弱まると海沿いの小さな農地のイメージが浮かぶ(流木の焚き火、耕された地面に散らばる海草)。
そして焼いたシーフードと甘草。味はプロレスラーのビッグ・ダディがライバル、ジャイアント・ヘイスタックスにボディスラムをかけたかのよう - ピートの煙、甘草の根、塩酢味のドライローストナッツ - ずっしりした風味 - 驚くほど大胆で強烈な印象を与える - それがレスリングの加速したタッグマッチのように口の周りで跳梁する。
味が薄れてくるとナッツのような甘みがあり(Topicチョコバー、サテーソース)- 桃とバニラ。
輝かしくも典型的な「小さな岬」のウイスキー。

カラー:霧のかかったアイラ島の朝焼け (0.1)

ソサエティ日本支部の一言
【レザーの香りはこの蒸溜所の典型的なもの。小梅キャンディのような甘味・塩味・酸味が一斉に広がる。】

Comment

The initial nose suggested burnt straw and potatoes combined with tarry smoke from an oil-drum fire – also leather (saddles, sofas, watch straps), pine, rum-soaked fruits and coconut macaroons.
The reduced nose evoked images of coastal crofts (driftwood bonfires, seaweed scattered on ploughed earth); also barbecued seafood and liquorice.
The palate felt like Big Daddy giving Giant Haystacks a body-slam – peat smoke, liquorice root, salt-n-vinegar dry-roasted nuts – massive flavours – stunningly bold and impressive – ricocheting around the mouth like a speeded-up tag-team wrestling match.
The reduced palate had nutty sweetness (Topic bars, satay sauce) – peaches and vanilla. Gloriously quintessential 'little headland' stuff.

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

33.128.pdf PDF

リストへ戻る