The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.124

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

7

Alc.%

59.7

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

2005/08

Outturn(ボトリング本数)

602

Release(リリース日)

2013/1

 

 

Title(題)

エンジニアのランチボックス An engineer’s lunch-box

コメント

ずいぶんとはっきりとした香りは、トフィーのかかったポップコーン、ファッジ、レーズン、プルーン、ピーカンパイ、黒糖蜜、リコリスの根、クレオソート、アニスの実、ブラウンソース、古木と堆肥。
味は、カリカリに焼き過ぎた皮、スパイスのきいたソーセージ、カモの燻製、糖蜜味のトフィー、オレンジ、チポトレ(燻製トウガラシ)、コークスの焼塊―甘く食欲をそそって、工業用カッターが伴う。
加水後、香りは、塵ひとつない状態に保たれたエンジンルームとブラックカラント味の飲料・チーズとオニオンのサンドイッチ・オレンジ・ナツメヤシ・おそらくトフィーがけのアップルが入ったエンジニアのランチボックスを、それとなく暗示させる。
加水後の味は、ウォールナッツホイップの甘さを感じる―スモークと工業に関わるものがしっかりと伝わる。
公式には1815年設立の蒸溜所からのもの。
カラー:新しい銅葺き屋根(0.8)
ソサエティ日本支部の一言【パワフルなオイリーさの中に黒蜜をたっぷりかけたあんみつ。力強いスモーク感。 】

Comment

The rather assertive nose combined toffee popcorn, fudge, raisins, prunes, pecan pie and blackstrap molasses with liquorice root, creosote, aniseed, brown sauce, old wood and compost. The palate encompassed over-done crackling, spiced sausage, smoked duck, treacle toffee, orange, chipotle chillies and coke clinker - sweet and savoury, with an industrial edge. In reduction, the nose suggested an immaculately kept engine room and the engineer's lunch-box containing blackcurrant drink, cheese and onion sandwiches, orange, dates and maybe a toffee apple. The reduced palate had walnut whip sweetness - enough to carry the smoke and the industry. The distillery was officially founded in 1815.
Colour - new copper roof (0.8)

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

33.124.pdf PDF

リストへ戻る