The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.123

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

7

Alc.%

59.0

Cask Type(樽の種類)

2nd Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2005/04

Outturn(ボトリング本数)

234

Release(リリース日)

2013/2

 

 

Title(題)

薬剤師の書斎 An apothecary’s den

コメント

すぐに芳醇で陶酔した香りがたち、続いてスモークの香りのバニラ、ダークチョコレート、タール、ベーコンを巻いて焼いたホタテ、木炭、バターキスト(ポップコーン)が香る―やがて、燻した香りのする藁葺き小屋の屋根裏の香りがあらわれる。加水前の味は、コクがあって薫り高く、甘くてしょっぱいスモークが香るロースト味の一杯。例えば、さわやかな味の果物(リンゴ、洋ナシ)、ピスタチオ、セロリソルト、焼いた肉の程よい旨味がする。
加水後にはさらにハーブが香り、薬剤師の書斎、またはバーベキューにふりかけたセージやマジョラムのよう。また、鉱物の香り(埃っぽい石細工、石炭の貯蔵庫)もする。味は、申し分ない甘さとスモークを感じ―トフィー、糖衣がかかったキャラメル、灰と燻製シーフードの大皿料理があらわれる。
蒸溜所は、キルダルトンの近くにある。
カラー:白桃の皮
ソサエティ日本支部の一言【煙と正露丸と海が脳裏に浮かぶ、これぞアイラシングルモルトの真骨頂。】

Comment

The nose, immediately rich and heady, offered smoked vanilla, dark chocolate, tar, seared scallops wrapped in bacon, charcoal and Butterkist - and a smoky thatched cottage attic. The unreduced palate was a big, mouth-roasting whack of sweet, salty smoke; nicely chewy with clean fruits (apple, pear) pistachio, celery salt and roasted meats. With water, the nose became more herbal, like an apothecary's den or sage and marjoram flung on the barbeque; we also identified mineral notes (dusty masonry, coal cellars). The palate now satisfyingly sweet and smoky - toffee, iced caramels, ash and a smoked seafood platter. The distillery lies near Kildalton.
Colour - white peach skin

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

33.123.pdf PDF

リストへ戻る