The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.115

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

11

Alc.%

55.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1999/08

Outturn(ボトリング本数)

578

Release(リリース日)

2012/03

 

 

Title(題)

“おい、これは素晴らしい!” ‘Man, that’s braw!’

コメント

香りは素晴らしくバランスが取れている。ニス、ペンキ、革、軽い灰(ソーダ灰)、石炭、コースブレッド(粗めの粉で作ったパン)、ミント味のトフィー、いぶしたシュガーパフ(麦から作られた甘いシリアル)、ビスク(蟹や海老のクリーミーなスープ)がバーベキューのスペアリブとチャーシュー入り炒飯とせめぎあう。
口に含み味を感じ取った最初の一言は「おい、こいつは素晴らしい!」―甘いタール、灰、ハムとパイナップルのピザ、革とパイプタバコの煙。
水を加えた香りは、クリスピー・シーウィード(緑野菜の素揚げ・見た目が海苔に似ている)、皮を焦がした赤パプリカ、メレンゲまたは糸状の飴細工を乗せたイチゴとレモンのシャーベットの見事なコンビネーション。
味は塩気のあるカラメル、ライムを絞った牡蠣、岩塩の上で焼いた海老―驚くほど価値が高い。キルダルトン・ロードの果てにある蒸溜所。
色:トフィーゴールド(1.3)
ソサエティ日本支部の一言【カリカリベーコンと艶やかな家具。シガールーム】

Comment

The nose was beautifully balanced; varnish, paint, leather, light ash, coal, coarse bread, minty toffee, smoked sugar puffs and shellfish bisque against barbecued pork ribs and char-sui pork fried rice. The first comment provoked by the palate was ‘Man, that’s braw!’ – sweet tar, ash, ham and pineapple pizza, leather and pipe tobacco smoke. The reduced nose was a brilliant combination of crispy seaweed, charred red peppers and meringues or spun sugar with strawberry and lemon sorbet. The palate had salty caramel, limes squeezed over oysters and sweet prawns cooked on salt – amazingly rewarding. The last distillery along the Kildalton road.
Colour – toffee gold (1.3)

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

33.115.pdf PDF

リストへ戻る