The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.112

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

5

Alc.%

60.8

Cask Type(樽の種類)

2nd Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

2005/12

Outturn(ボトリング本数)

252

Release(リリース日)

2012/02

 

 

Title(題)

力強く上品で雰囲気たっぷり Powerful, elegant and atmospheric

コメント

若々しく、力強い―まさしくその通り―、しかし上品で雰囲気に富む。香りは一見典型的なアイラモルト―ピートを燃やした煙とヤチヤナギ(北地の湿原・泥炭地に生える落葉小低木)。チョコレート、蜜蝋、塩気を含む土、タール、石炭でもある。加水前の味は舌を縮こまらせるような一撃を与えながらも、驚くほどのトフィーの甘さを伴う。バーチタール(白樺から精製してできる天然香料)と、とろりとした舌触り。水で香りはシーフードの塩気、ハーブ、松脂、柑橘系の要素、そして何かピリッとする風味の良いもの(誰かがロブスターとチョリソーと言った)の調和へと変わる。
加水すると味は焼きたてのロブスターや蟹、多少の革と十分な甘味、そしてジューシーで若々しいエネルギーを呼び起こされる。とても魅力的。
グレンモーレンジィが1997年に再興した蒸溜所から。色:アイラ島に降り注ぐ日光(0.2)
日本支部の一言【強烈なピートスモーク、WAX、チョコレート。シトラスとチョリソーソーセージ。エネルギーに満ちている】

Comment

Youthful, powerful – yes – but also elegant and atmospheric – the nose seemed quintessentially Islay – peat fire smoke and bog myrtle – as well as chocolate, beeswax, salty earthiness, tar and carbolic. The unreduced palate had a tongue-shrivelling attack, yet with amazing toffee sweetness; birch tar and waxy textures. Water altered the nose to combine seafood saltiness, herbal, pine resin and citrus elements and something savoury (someone suggested lobster and chorizo). The reduced palate evoked lobster or crab from the grill, some leather, plenty of sweetness and a juicy, youthful energy – we thought it stunning. From the distillery that Glenmorangie re-awakened in 1997.
Colour – sunlight on Islay (0.2)

Price(価格)

¥5,000

プリントアウト用PDF

33.112.pdf PDF

リストへ戻る