The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.110

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

11

Alc.%

57.5

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2000/02

Outturn(ボトリング本数)

237

Release(リリース日)

2011/04

 

 

Title(題)

激しく、炎のような摩擦 Intense, fiery and scouring

コメント

香りはヒースの華やかな香り、トフィー、アプリコット、白胡椒とメントールを伴って、煙と、焦げたベーコンや“ポーク・スクラッチングズ”(豚の皮を油で揚げたスナック)のような肉っぽさ。
加水前の味は強烈で、炎のように舌をこすり上げる(パネラーの一人は「うひゃあ!」と叫んだ)。炭、石炭の飛沫、包帯そして「消し炭になった“パルマ・バイオレット(スミレの香りのするタブレット状の菓子)”」が味わえたが、それらがうまく調和している。
加水後されてなお香りは強靭で、香料入りのトフィー、ファッジ、スミレとかすかにハムスター飼育用のケージ。味はレモンとライムの鋭さ、少しの灰と鋭く甘い“モファット・トフィー(スコットランドのモファット町で作られているトフィー)”。フィニッシュには終わらない余韻が続く。パネラー全てがこのウイスキーを気に入った。 “ショーティー(チビの意)”という名のチーズが大好きなジャックラッセル(犬種。テリアの一種)がこの蒸溜所を守っている。
色:よく磨かれた真鍮のドアノブ(0.5)
ソサエティ日本支部の一言【チョコミントやカカオをともなうスモーク。ほどよい紅茶の甘さとハッカ油、塩。攻撃的なピートスモーク、ジンジャービスケットやシナモンシュガーの爽やかな余韻。】

Comment

On the nose, this was smoky and meaty (burnt bacon, pork scratchings), with heathery floral notes, toffee, apricots, white pepper and menthol. The unreduced palate was intense, fiery and scouring (one panellist exclaimed “Woweee!”). We tasted charcoal, coal-dust, bandages and “incinerated parma violets”, but thought it a good mix. The reduced nose was still robust, conveying perfumed toffee, fudge, violets and faint hamster cage. The palate had the sharpness of lemon and lime, some ash and Moffat Toffees (sharp and sweet). The finish seemed everlasting; we all loved this dram. The distillery is guarded by Shortie, a cheese-loving Jack Russell.
Colour – well-rubbed brass doorknobs(0.5)

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

33.110.pdf PDF

リストへ戻る