The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.109

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

11

Alc.%

55.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1999

Outturn(ボトリング本数)

468

Release(リリース日)

2011/09

 

 

Title(題)

シェリー酒とスモークの魅力的な強烈さ Delightful intensity of sherry and smoke

コメント

すべての香りが少しずつ感じられる― メープルシロップ、カラメルと蜂蜜、洋ナシとクロスグリ、生姜、シェリー酒、ヒース、マッシュルーム、堆肥、焦げたトースト。加水前の味は、シェリー酒とスモークの魅力的で強烈なコンビネーションと、ローストされた栗、枯れたヒース、パルマスミレと荷敷き材を保管する倉庫のフロアのような土っぽさが伴う。加水後も、我々の関心を引き続け、バーベキューポーク、スモークフィッシュ、黒焦げのナッツにラベンダーのファッジが香る。加水後の味は、カップの底に残ったコーヒー、ラベンダーソープに、奇妙なライム味のゼリーのあと味。キルダルトン通りの突き当りにある蒸溜所には、3つのパゴダがある。
カラー:アンバー ジンジャー (0.8) ソサエティ日本支部の一言【ピーティでオイリー。シェリー酒、麦やわら、少し焦がしたトーストの香り。味はシェリー酒とスモークが口いっぱいに広がり、後にハッカや香木が漂う。】2011/09 Release

Comment

There seemed to be a bit of everything on the nose – maple syrup, caramel and honey, pear and blackcurrant, ginger, sherry, heather, leather, mushroom compost and burnt toast. The unreduced palate was a delightful intense combination of sherry and smoke, with roasted chestnuts, scorched heather, parma violets and something earthy, like a dunnage warehouse floor. The reduced nose held our interest, with barbecued pork, smoked fish, charred nuts and lavender fudge. The palate now had coffee cup dregs, lavender soap and a curious lime jelly after taste. The distillery, at the end of the Kildalton Road, has three pagoda roofs.
Colour – amber ginger(0.8) 2011/09 Release

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

33.109.pdf PDF

リストへ戻る