The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

33.100

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

7

Alc.%

60.7

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2003/07

Outturn(ボトリング本数)

254

Release(リリース日)

2011/04

 

 

Title(題)

バンドエイドとラベンダー Elastoplast and lavender

コメント

驚くほど穏やかな香りは、ほんのわずかに採れたてのマグロやかすかにフェノールが香るので、“屋内のフィッシュマーケット”のようだといわれる。エラストプラストへと香りが移り変わる前まで、ハーブと少し肉のような香り(チキングレービー、たっぷりの油で揚げたダルス(海草))が、さらに爽やかさとメンソールの香りが増す。味は、思ったよりも甘く、塩と独特なラベンダーの風味が伴い、あと味としてスモークを感じる。まろやかな味のビクトリーV(のど飴)と灰。加水による変化はなく―香りに関してはそのままで、ジャーモリーン(消毒軟膏)を感じる。味は、少し油っこく、甘く、胡椒がきいていている。パルマスミレ、ミネラルソルト(無機塩)、たっぷりの油で揚げたローズマリー、かすかに弱々しいリコリスと灰のあと味がする。穏やかで好ましいキルダルトンの最高級品。■ソサエティ日本支部の一言
【花びらと優雅なスモーク、ツナ、アーモンドチョコ、甘さが際立ち奥からウッドを伴う余韻。】
カラー:ペール ゴールド

Comment

A surprisingly mild nose, with traces of very fresh tuna and faint carbolic – “an indoor fish-market” was suggested. An herbal and lightly meaty note (chicken gravy, deep fried dulse) becomes fresher and more mentholated until it resolves into Elastoplast. The taste is sweeter then expected, with salt and a distinct lavender taste and smoke in the aftertaste. Mild Victory Vs and ash. Water does not help - making the aroma more tarry, with Germolene. The taste now is lightly oily, sweet and peppery, with Parma violets, mineral salts, deep fried rosemary, a trace of Imps liquorice and ash in the aftertaste. A gentle and pleasant expression of Kildalton’s finest.
Colour: Pale gold

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

33.100.pdf PDF

リストへ戻る