The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

30.63

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

20

Alc.%

55.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1990/05

Outturn(ボトリング本数)

263

Release(リリース日)

2011/05

 

 

Title(題)

床屋でトルココーヒー Turkish coffee in a barber shop

コメント

これにはパネルの意見は分かれた。"明らかに大多数は、ロースト スモークハム、チャツネ、クレームブリュレ、クリスマスケーキ、トフィー、マーマレード、コーヒークリームの香りに賛同するが、軽く硫黄のような香りもするので、あるパネリストは‘昔の床屋’という。加水すると、レーズン入りハニーバン(焼き菓子)、木材のつや出し、紙巻タバコが香る。加水前の味は、ドライでスパイシー、完全にひきつけられる。トルココーヒー、濃縮されたティア マリア、フェルネット ブランカ(イタリアのビター系ハーブリキュール)、クルミ、塩で味付けされたカシューナッツの味がする。加水後の味は、とても心地よい甘さを感じるが、相変わらずドライで、砂糖が煮詰まってカラメル状になった感じと、塩味が特徴で、炒ったピーナッツとよく似ている。蒸溜所は、城と墓地の間に位置する。
カラー ― 晩秋の木々(1.4)
■ソサエティ日本支部の一言コメント
【モカとイチゴクリームが挟まったウェハース、深い樽香、じっくりとシェリー、ポプリが心地良い。】
2011/05 Rlease

Comment

This split the panel, though the majority definitely approved; the nose had roasted smoked ham, chutney, crème brûlée, Christmas cake, toffee, marmalade and coffee creams; also a light sulphury note which one panellist called ‘old barber shops’. Water brought out raisiny sticky buns, wood polish and oily rags. The palate was dry, even drawing, and spicy at natural strength, with Turkish coffee, concentrated Tia Maria, Fernet Branca, walnuts and salted cashews. In reduction it had lots of pleasant sweetness but also dry, burnt and salty characteristics, not unlike dry roasted peanuts. The distillery sits between a castle and a graveyard. Colour – late autumn trees(1.4)
2011/05 Rlease

Price(価格)

¥11,500

プリントアウト用PDF

30.63.pdf PDF

リストへ戻る