The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

3.251

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

17

Alc.%

55.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1997/09

Outturn(ボトリング本数)

553

Release(リリース日)

2016/3

 

 

Title(題)

ボートヤードの技師の作業台 Engineer’s work-bench in a boatyard

コメント

香りには妥当な甘さ(トフィー、ゴールデンシロップ、マジパン、砂糖掛けアーモンド)、幾分かの香ばしい暗示(調理したカニ、プラムソース掛けローストダック)、そして「ボートヤードの技師の作業台」があった。ストレートの味は、焦げた枝木と焼きすぎのフルーツケーキ、ジンジャーブレッド、からかうようなスモーク、そして微かな煤と灰を運んできた。加水した香りは砕いた貝殻と石炭袋からプラムのスパイス煮、イチジク、そしてオレンジ・フルーツケーキまで跳ね回り、ほのかにゴム(港湾の岸壁にぶら下がっている古いタイプ)の暗示もあった。我々の意見では、加水で味が良くなった − テリーのチョコレートオレンジ、スティッキー・トフィー・プディング、バタースコッチ、デメララ糖、クローブ。

Comment

The nose had reasonable sweetness (toffee, golden syrup, marzipan, sugared almonds) some savoury suggestions (cooked crab, roast duck with plum sauce) and ‘an engineer’s work-bench in a boatyard’. The palate, at natural strength, conveyed burnt sticks and over-done fruit cake, sticky gingerbread, teasing smoke and hints of soot and ash. The reduced nose leaped about from crushed shells and coal sacks to spiced stewed plums, figs and orange fruit cake, with a slight suggestion of rubber (those old tyres that dangle from harbour walls). Water improved the taste, in our opinion – Terry’s chocolate orange, sticky toffee pudding, butterscotch, Demerara and clove.

Price(価格)

¥12,000

プリントアウト用PDF

3.251.pdf PDF

リストへ戻る