The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

3.180

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

15

Alc.%

61.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1996/10

Outturn(ボトリング本数)

221

Release(リリース日)

2012/01

 

 

Title(題)

濡れた石炭とペパーミント・ティーバッグ Wet coal and peppermint tea bags

コメント

穏やかな香り、それから写真家の暗室にある定着液―「ハーピック(トイレ用洗剤)したくらいキレイに(広告文の引用)」―の最初の香り、プラスチックボトル、チョーク、パステルクレヨンとキュウリの複雑な残り香。そのままの度数では、ラベンダーの人工香料と“トレバー・ミンツ(ミント味のソフトキャンディー)”の清涼感をあわせ持ちながら、力強く、甘く非常に塩気のある味わい。加水によって、ウイスキーの個性が引き出されてくる。
濡れた石炭袋、雫のしたたるモミの木(児童文学家のテッド・ヒューズを思い起こした)、ヒース、苔と湿原。しかしまだミントの香りも、今度は箱入りペパーミントティーのティーバッグとして残っている。味は甘くはなく、塩気またはスモーキーだが微かに清涼感がある。アイラ島最古の蒸溜所からの詩的な1本。
色:淡い金色(0.4)
ソサエティ日本支部の一言【理科の実験室。美実室のクレヨン。しっとりと濡れた石炭の袋。ふんわりと花の香りが漂いちょうど良い煙と塩のバランス。】

Comment

A mild nosefeel, then an early scent of fixative in a photographer’s dark-room – ‘clean as Harpic’ (quote) – with confusing traces of plastic bottles, chalk, pastel crayons and cucumber. Strong, sweet and very salty to taste at natural strength, with artificial lavender and cooling Trebor mints. Water brings up the whisky’s character: wet coal sacks, dripping fir trees (we thought of Ted Hughes), heather, moss and bog, but the mint note still there now as a box of peppermint tea bags. Not so sweet, salty or smoky to taste, but still faintly mouth-cooling. A poetic example of the make from Islay’s oldest distillery.
Colour: Pale gold(0.4)

Price(価格)

¥9,000

プリントアウト用PDF

3.180.pdf PDF

リストへ戻る