The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

3.178

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

23

Alc.%

48.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1987

Outturn(ボトリング本数)

313

Release(リリース日)

2011/09

 

 

Title(題)

誘惑的で珍しいドラム Enticing curiosity dram

コメント

香りが、さわやかなマッハ(Machair:スコットランド沿岸地方)の自然環境へと連れて行ってくれる。捨てられた貝殻や微かにバーベキューのスモーク(スモーク ハム リブを料理?)が香ることからわかる。また、かなりの量のタール、マンサクの一種、鉛筆入れ、シャーベット水も香る。味は、いささか衝撃的―すぐに象徴的なラベンダーとパルマスミレが爆発し、そのあとタールが再びあらわれ、チョークとプロシュート―かなり塩分の多いフィニッシュ。加水すると、パロマスミレの香りがして、リコリスのアソートと‘おばあちゃんのハンドバック’の香りもする。加水後の味は、さわやかで甘く、誘惑的。たくさんのお菓子、リコリスと塩。好奇心をそそるドラムは、アイラ最古の蒸溜所から。
カラー:青みがかった麦の金色 (0.6) ソサエティ日本支部の一言【パヒューミーさの中に、塩をほどよくふったハムステーキや浜辺の貝。味はラベンダー、塩、上質なオイルやラード、ときおりフルーチェ。魅惑的な一品。】2011/9 Release

Comment

The nose took us to a fresh machair environment, where we could find discarded sea shells and distant barbeque smoke (smoked ham ribs cooking?). There was also considerable tar, some witch hazel, pencil cases and sherbet. The palate was a bit of a shock – that instant signature blast of lavender and parma violets; tar again, chalk and prosciutto – quite a salty finish. With water, we could identify the parma violets on the nose; also liquorice allsorts and ‘granny’s handbag’. The reduced palate was fresh, sweet and enticing; lots of confectionary, liquorice and salt. A curiosity dram from Islay’s oldest distillery.
Colour – young straw gold (0.6) 2011/9 Release

Price(価格)

¥13,500

プリントアウト用PDF

3.178.pdf PDF

リストへ戻る