The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

3.173

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

9

Alc.%

59.1

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

2001

Outturn(ボトリング本数)

278

Release(リリース日)

2011/01

 

 

Title(題)

地獄の伯爵がナイジェラと出会う The Earl o’Hell meets Nigella

コメント

驚くほど濃い色<で、スモークがはっきりと際立つ第一印象。すぐに、“ナイジェラ・ローソンのガモン(豚モモ肉の塩漬け)のコーラ煮”、ブラックカラント ジェリーブロック、のど飴、そしてタールと続く。味は“黒の気配”―タール、スモーク、ブラックカラント ロケット(喉の痛みや鼻づまりに効くキャンディ)が感じられて、あとから炭塵の味がする。加水すると、タールが香るスモークと同じく、ブラックカラントが持続し、黒焦げのベーコン、鉛筆、古い石塵(“爆破現場<”)が加わる。これだけ味わった後で、さらに驚くべき味が続く。脂質の多い口あたりや軽い(焦げたトフィー/シンダートフィーの)甘さ<、そしてタール<のようなあと味。極めてシンプル、しかし、スモークヘッドウイスキーのひとつ!アイラ島で最古の蒸溜所製造の極端なサンプル。2011 1月リリース。
カラー: かなり濃いマゼンタ(1.9)
■ソサエティ日本支部の一言 【スタウトのよう!ロースとビーフ、超重厚。燻した落ち葉。目が覚める!】

Comment

An astonishing dark colour, and a distinctly smoky first impression, soon followed by “Nigella’s gammon in Coke”,blackcurrant jelly blocks, cough medicine and tar. “Black breath” to taste: tar and smoke and blackcurrant Lockets, with coal dust in the aftertaste. The blackcurrants persist when water is added, as does the tarry smoke, now joined by blackened-burnt bacon, lead pencils and old stone dust (“a demolition site”). After all this the taste comes as a surprise: an unctuous mouthfeel, a light (burnt toffee/cinder toffee) sweetness and a tarry finish. Quite simple, but one for the Smoke-heads! An extreme example of the make from this, the oldest distillery on Islay. Colour: Very dark magenta(1.9)

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

3.173.pdf PDF

リストへ戻る