The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.91

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

12

Alc.%

63.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1998/03

Outturn(ボトリング本数)

515

Release(リリース日)

2010/12

 

 

Title(題)

ボブリル(英国の牛肉エキス)とカブ Bovril and neeps

コメント

すぐにアイラ島の特徴が現れる̶クレオソート、足湯、殺菌消毒剤。そして味わい深い肉の香りが伴う̶ボブリル(英国の牛肉エキス)、あとから焼き焦げたバーベキュー、または焼肉用のブリキの容器、さらに焦げたトフィー。味は非常に甘く、わずかにカマンベールチーズ、そののちに炭塵が感じられ、油っぽい舌触りで余韻が長く残る。加水すると、ほのかに香ばしく、カラメル掛けのスイートポテトとローストしたカブに受け継がれる。コク深く香り高い飲み応えのある口当り、甘くてタールの味がする。途中クリーミーなホースラデッシュソース(ほんのかすかにミント)がかかった牛肉の味がし、フィニッシュは焦げた肉。
ロスシー公から王室御用達を許可された唯一の蒸溜所からの、スモークとシェリー樽の見事な組み合わせ。
カラー-磨かれた深いマホガニー色、深紅の光(1.6)  
■ソサエティ日本支部の一言
【アイラのシェリー樽のお手本のようなバランス、ピートとシェリーのビッグカップル!】

Comment

Immediate Islay identity - creosote, footbaths, disinfectant - with profound meaty notes - Bovril, beef flavoured Hoola-hoops, and later a burned-out barbeque or roasting tin, with burnt toffee notes. The taste is very sweet, with traces of Camembert cheese, then coal dust: an oily texture and a long finish. With water, the roasting allusions continue with caramelised sweet potatoes and roast neeps. A big, chewy texture, and a sweet then tarry taste; beefy in the middle with, yes, creamy horseradish sauce (and a trace of mint), and charred meat in the finish. A splendid combo of smoke and sherry-wood from the only distillery to hold a Royal Warrant from the Duke of Rothesay.
Colour - Deep polished mahogany, scarlet lights (1.6)

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

29.91.pdf PDF

リストへ戻る