The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.84

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

11

Alc.%

58.1

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1998/04

Outturn(ボトリング本数)

243

Release(リリース日)

2010 Autumn

 

 

Title(題)

口を覆い、舌を焦し、歯を抜き、口の中にパンチを食らわす Mouth-coating, tongue-roasting, tooth-stripping, palate-punching

コメント

香りは、蜂蜜がけのガモン、カラメル、ファッジ、ブラックジャック チューズ(クロスグリ・カンゾウ)、海岸での焚き火のために積み上げられたタールを塗った流木が香る。加水すると、炎はいくぶん鎮火し、煤、塩、焦げたヘザー、へーゼルナッツがあらわれる。加水前の味は、頬を激しく平手打ちされたよう。ピートの煙、塩、ファッジとともに、すばらしく飲み応えのある口当り。ヘザーやジャニパーとピートの多い土の味もする。アルコール度の高いアイラの熱心な愛好者なら絶対にお薦め。加水してもなお、チャーされた樽と焦げた電線が、口を覆い、舌を焦し、歯を抜き、口の中にパンチを食らわされ、ひりひりと痛む。この蒸溜所のウイスキーは、禁酒時代にも法的に認められていた。カラー-淡いマスタードゴールド■ソサエティ日本支部の一言 【スモークしたバナナ、塩とカシューナッツ、ポークリブの旨味】

Comment

The nose suggested honey-glazed gammon, caramel, fudge and Black Jack chews (blackcurrant, liquorice),with tarry driftwood heaped on a beach bonfire. With water, the fire died down somewhat (as it does); we got soot, salt, scorched heather and hazelnut. The full-strength palate was a fiery slap in the cheeks; lovely chewy textures with peat smoke, salt and fudge. We also found heather, juniper and peaty compost; definitely one for
lovers of the hard Islay stuff. Even with water, the charred wood and burnt electrical wires made it mouth-coating, tongue-roasting, tooth-stripping, palate-punching and raw. This distillery’s whisky was legal during Prohibition. Colour - light mustardy gold 

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

29.84.pdf PDF

リストへ戻る