The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.77

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

10

Alc.%

57.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1999/06

Outturn(ボトリング本数)

302

Release(リリース日)

2009 Winter

 

 

Title(題)

ウイスキーの芸術 The art of whisky

コメント

「望むものすべてが存在する!」と、テイスティングパネラーの一人はいう。香りは、かなり濃いレベルのタール、“コーンシロップの中の木炭”、浜辺の焚き火、スモークされた魚が感じられ、より新鮮な花の成分(ラベンダー、ヘザー、甘いレモンケーキ、ヤチヤナギ)によってバランスがとれている。だれかが、その味を「卓越して、持続性があり、刺激的」と考える。「聖女テレサの槍〈エクスタシーを与える一品〉のようだ」と、テイスティングパネラーの一人は述べる。加水後は、バーベキュー、包帯、ブリューゲルの種をまく人の皮袋(パネラーは冴えている!)の香りがする。加水後の味は、甘辛(バーベキューチキンの上に乗った焦げたレモン)。フィニッシュには、焦げたヘザーが引き出される。蒸溜所に関するハンス・オフリガン氏の新刊書がある。

Comment

Everything you hoped for! said the Leither - the nose had deep levels of tar, `charcoal in corn syrup`, beach bonfires and smoked fish, balanced by fresher, floral elements (lavender, heather, sweet lemon cakes, vanilla and bog myrtle). Someone called the taste `big, long and penetrating.` `Like St. Teresa's spear` said an art-lover. The reduced nose had barbeques, bandages and the leather bag of Brueghel's seed-sower (the art-lover was on a roll!). The reduced palate was sweet and savoury (burnt lemon on barbequed chicken) with the drawing finish of burnt heather twigs. Hans Offringa has a new book about the distillery.

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

29.77.pdf PDF

リストへ戻る