The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.187

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

20

Alc.%

56.7

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1995/04

Outturn(ボトリング本数)

174

Release(リリース日)

2016/9

 

 

Title(題)

麦わら帽子、マリーナ、そしてフェリー Beach huts, boatyards and ferries

コメント

香りには幾分甘さ(ドーナツ、チョコレートコートナッツ、フォンダンクリーム)があったが、オロナイン軟膏、筋肉痛用のクリーム、乾いた海藻、流木、舗装されたばかりのアスファルトといったものが主体だ。
味わいは甘さとスモークのセンセーション。「徹底的にやるぞ!」とあるパネルが行ったが、私たちは同意した。それほど後引くデリシャスな味わいだった。
スパイシーなスモーク、炭、熱い灰、砂糖をまぶしたフェンネルシード、リコリス、アブサン、ダークチョコレート。
加水すると消毒した麦わら帽子、マリーナとカルマック社のフェリーの香りが現れた。
味わいはしょっぱくそして甘くスモーキー。工場の煙、アニスキャンディ、ラベンダー、ローズマリー、シーソルト、そして石炭のフィニッシュ。

Comment

On the nose we found some sweetness (donuts, chocolate-coated nuts, fondant creams) but it was really all about smoke, Savlon, muscle rub, dried seaweed, tarry driftwood and new tarmac roads.
The palate was a sweetness and smoke sensation – ‘Takes no prisoners!’ said one panellist, but we agreed it was mouth-drawing and delicious – spicy smoke, charcoal, hot ash, sugar-coated fennel seeds, liquorice, absinth and dark chocolate.
The reduced nose evoked creosoted beach huts, boatyards and Calmac ferries.
The palate was now gum-smackingly salty, sweet, smoky and sharp – industrial smoke, aniseed gobstoppers and lavender, with rosemary, sea-salt and coal on the finish.

Price(価格)

¥27,000

プリントアウト用PDF

29.187.pdf PDF

リストへ戻る