The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.143

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

18

Alc.%

58.3

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1995/04

Outturn(ボトリング本数)

226

Release(リリース日)

2013/11

 

 

Title(題)

フィンランドの松やにシロップ Finish Tar Syrup

コメント

最初の印象は冬の嵐の中でこの広い湾のそばの美しい窪地に立ち、海からの塩っぽい空気とパゴダ屋根から漂ってくるピートの煙が顔に吹き付けているようだった。加えて、蜂蜜がけのガモンステーキ、燻製リンゴ、カニ肉の甘い香りが現れる。味は灰っぽく、煤っぽく、塩っぽい - 牡蠣エキス、ザルガイ、カリカリに焼いたしょっぱい豚の皮。
加水すると、ウイスキー用オーク材のスモークチップを使ったバーベキューが点火し、グリルの上には甘いベーコンとマグロのステーキ。味は使い込まれた海用ロープのように塩っぽく、辛口になるが、同時にリコリスの甘さもある。ポンテフラクトケーキ(リコリス菓子)とフィンランドのタールシロップのスモーキーさ。
最初の印象は冬の嵐の中でこの広い湾のそばの美しい窪地に立ち、海からの塩っぽい空気とパゴダ屋根から漂ってくるピートの煙が顔に吹き付けているようだった。加えて、蜂蜜がけのガモンステーキ、燻製リンゴ、カニ肉の甘い香りが現れる。味は灰っぽく、煤っぽく、塩っぽい - 牡蠣エキス、ザルガイ、カリカリに焼いたしょっぱい豚の皮。
加水すると、ウイスキー用オーク材のスモークチップを使ったバーベキューが点火し、グリルの上には甘いベーコンとマグロのステーキ。味は使い込まれた海用ロープのように塩っぽく、辛口になるが、同時にリコリスの甘さもある。ポンテフラクトケーキ(リコリス菓子)とフィンランドのタールシロップのスモーキーさ。

Comment

The initial impression was like standing at the beautiful hollow by the broad bay during a winter storm and the salty sea air as well as the peat smoke wafting out of the pagoda roof blows in your face. Additional sweeter notes of honey glazed gammon, smoked apples and crab meat appear.
The taste is ashy, sooty and salty; oyster juice, cockles and salty pork cracklings.
With water a barbeque is lit with whisky oak wood smoking chips and on the grill is sweet bacon and tuna steaks. The taste now salty and dry like a well-used sea rope, but at the same time there is the sweetness of liquorice Pontefract cakes and the smokiness of Finish tar syrup.

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

29.143.pdf PDF

リストへ戻る