The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.140

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

18

Alc.%

60.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1995/04

Outturn(ボトリング本数)

189

Release(リリース日)

2013/9

 

 

Title(題)

ジューシーでソルティ、そして煤っぽい Juicy, salty and sooty

コメント

これはアイラ島のモルトの中で最もぴりっと刺激が強いと多くの人が言うだろうし、このカスクは確かにその言い分ももっともだと思わせるものだ。
最初の香りは石炭酸コールタール石けん、舗装タール、煤で、もっと微かにブラジルナッツ、生のピーナッツ、松の実が背後にある。その後、庭道具置場の「芝刈り機と汚れたダンガリーの作業着を含めた」用具類。味はとても甘く、ソルティで非常にスモーキー。「バーベキューソース掛けスモークソーセージ・ホットドッグ」がクラマトソース掛け牡蠣に進化する。
加水するとより薬っぽくなり(足浴、ウェットスーツ、ゴムボート)、味もそれほど甘くもソルティでもなくなるが、煤っぽい煙は豊かに残る。

Comment

Many would say this is the most pungent of the Islay malts, and certainly this cask supports the claim. Carbolic and coal tar soap, road tar and soot are the first notes, backed more subtly by Brazil nuts, raw monkey nuts and pine nuts, then tools in a garden shed, 'including lawnmower and grubby dungarees'.
The taste is very sweet, salty and very smoky: 'smoked hot-dog, with barbeque sauce', evolving into oysters with clamato sauce.
More medicinal with water (foot baths, wet suits and rubber dinghies); not quite so sweet to taste and less salty, but still bags of sooty smoke.

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

29.140.pdf PDF

リストへ戻る