The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.128

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

21

Alc.%

58.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1990/10

Outturn(ボトリング本数)

601

Release(リリース日)

2013/3

 

 

Title(題)

奥深く、濃密で、極めておもしろい Deep, Dark and Hugely Entertaining

コメント

香りは、甘いヒッコリーのスモーク、パゴダの天井の梁、船大工の作業台のようで、コクがあり、喜びに満ちた芳香(バルサミコ酢で照りをつけ炙られたホタテとエビ、口の中にリンゴを詰めてローストされた豚)。
加えて糖蜜、咳止めシロップ、五香粉、革が感じられる。加水後の香りは、クリスマスらしく(芳しいリンゴの木の丸太、煙突の煤、ローストポーク)、むしろ異教徒(ドライフラワー、煙ったい羊毛と革の洋服)ですらある。
味は奥深く濃密(糖蜜のトフィー、糖蜜、バルサミコ酢の照り用ソース、イチジクのジャム)だが、極めておもしろい。加水後の味は、灰っぽくて、ドライ―クレオソート、流木のたき火、黒焦げのライム、よく焼けたメレンゲ菓子が伴う。
ポートエレンに最も近い蒸溜所から。

カラー:ジャコビアン色に染めたオーク (1.4)

ソサエティ日本支部の一言
【動物と魚貝を一斉に燻製にしたときのような香り。インパクトと同時に懐かしさを覚える逞しさ。】

Comment

The nose had sweet hickory smoke, pagoda roof timbers and a boat-builder’s workbench; rich, delightful savoury notes (grilled prawns and scallops in balsamic glaze, roast pig with an apple in its mouth); plus molasses, cough syrup, five-spice powder and leather.
The reduced nose seemed Christmassy (aromatic apple logs, chimney soot, roast pork) even pagan (dried flowers, smoky wool and leather clothing).
The palate was deep and dark (treacle toffee, molasses, balsamic glaze, fig jam) but hugely entertaining. In reduction, the palate became ashy and drying, with creosote, driftwood bonfires, charred limes and well-done meringues. From the nearest distillery to Port Ellen.


Colour: Jacobean stained oak(1.4)

Price(価格)

¥12,000

プリントアウト用PDF

29.128.pdf PDF

リストへ戻る