The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.105

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

12

Alc.%

59.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1999/03

Outturn(ボトリング本数)

619

Release(リリース日)

2011/11

 

 

Title(題)

どっしりと重く、火山の如く Massive and volcanic

コメント

香りは煙、タールとくすぶる残り火(「危険!」という皮膚感覚を呼び覚ますほど)が飛び出してくる。さらに、ミント・ハムバグ(ミントとチェリー味のキャンディ)や何種かの葉やバニラとともに、塩辛くもある。
味はどっしりと重く、噴火している火山のようだと評された。灰、リコリス、タールと塩。イノシシのソーセージと、まるで炭鉱夫たちの中にバレリーナが隠れているような、何か好ましい甘いものが伴う。
加水しても香りはほとんど損なわれない。甘くマリネしたベーコン、ディーゼルの排気ガス、糖蜜。味は甘くなったようだ。煙の中のチョコレート、後味にはラベンダー。
創業者のひとりであるドナルド・ジョンストンはウォッシュバック内の「焦げたエール」のような発酵中の液体の中に落ちて溺死した。
色:深いジンジャーゴールド(0.7)
ソサエティ日本支部の一言【海岸の乾いた砂。焚き火の消えたあとの燃えさし。イカの燻製、鮭トバ、石焼イモも感じられる。オイル感、甘さ、ピートが高い次元でバランスが良く取れている一品。】

Comment

The nose leapt out with smoke, tar and smouldering embers (waking up the ‘danger’ zone of the cortex); it was also briny, with minty humbugs, some kind of green leaf and vanilla. The palate was described as “Massive!” and “Volcanic” – ash, liquorice, tar and salt, with wild boar sausages and something lovely and sweet hiding away, like a ballerina in a group of miners. Water hardly dented the nose – sweet-cured bacon, diesel exhaust and molasses. The palate seemed sweeter – chocolate in among the smoke and a lavender after-taste. One of the founders, Donald Johnston drowned after falling into ‘burnt ale’.
Colour – deep ginger gold (0.7)

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

29.105.pdf PDF

リストへ戻る