The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

29.102

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

13

Alc.%

64.1

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1998

Outturn(ボトリング本数)

353

Release(リリース日)

2011/09

 

 

Title(題)

カウボーイの集うキャンプファイアーでのドラム Cowboy’s campfire dram

コメント

フルーツ(ブラッドオレンジ、プラムの皮、ナツメヤシ、プルーン)の香りが渦巻き、トフィーとデメララ酒の波状攻撃を受ける。のちに、燻製サバ、柔らかな革、そして薬の香り(絆創膏・ヨードチンキ)が、さらに深まる傾向がある。加水前の味は、甘く(焦がした砂糖・チョコレート)、しかし涙の出るほどの鋭さ(タンニン・スモーク・唐辛子)がある。加水後の香りは、灰、すす、レモン、トフィー クリスプ(チョコバー)、スモーキーなレザー(キャンプファイアーの後のカウボーイのあごのようだと誰かが示唆)。味は、相変わらず甘く薬のような感じで、熟成したタール、擦ったマッチ、灰、かすかに錆びた鉄の味がする。喝采が、パネリストの一意見として雄弁に物語る。アイラ島で唯一、王室御用達の蒸溜所から。
カラー:バーントオレンジマホガニー (1.4) ソサエティ日本支部の一言【焼きサンマや焚き火の香り。錠剤の薬のにおいもする。たっぷりイチジクジャムをのせたクラッカーに甘いデザートワインのような味わい。】2011/9 Release

Comment

The nose held swirling eddies of fruit (blood orange, plum skins, dates, prunes), ripples of toffee and Demerara; then deeper currents of smoked mackerel, soft leather and medicinal notes (plasters, iodine). The unreduced palate was sweet (burnt sugar, chocolate) but with eye-watering astringency (tannins, smoke, chillies). The reduced nose had ash, soot, lemon and Toffee Crisp, with smoky leather (someone suggested a cowboy’s chaps after a campfire session). The palate, still sweet and medicinal, developed tar, struck matches, ash and hints of rusty iron. “Woof Woof” was one eloquent panellist’s verdict. From the only Islay distillery with a Royal Warrant.
Colour – burnt orange mahogany(1.4) 2011/09 Release

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

29.102.pdf PDF

リストへ戻る