The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

28.24

Region(エリア)

Highland

Age(熟成年)

23

Alc.%

52.2

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1990/06

Outturn(ボトリング本数)

194

Release(リリース日)

2014/3

 

 

Title(題)

「ますます奇妙な」 Curiouser and curiouser

コメント

カスク: 2nd Fill Sauternes Hogshead

香りは興味深く、異例だった - ナッツっぽく、ハーブっぽく、土っぽい(クルミ、ピーナッツバター、紅茶、パテ、キャンディアップル、キャラウェイ)- それからトフィー、カラメル、そして磨いた木材。
味はピーナッツブリトル、レザー、野菜チップス、ハーブ系リキュールの中の幾つかが感じられる - だが、同時に風味豊かな甘さもあった(スティッキートフィープディング、カスタード添えトリークルスポンジ、バッテンバーグケーキ、ロクム)。
加水すると「ますます奇妙」になり - 香りはヘーゼルナッツ、アロエ、パンナコッタ、バナナチップス、そして甘くて酸っぱいソースが広がった。
味には幾つかのハーブ要素が現れた - ユーカリ、ボグマートル(ヤチヤナギ)、リコリス、ワサビ豆。
ブラックフォードの蒸溜所からの奇妙だが素敵なウイスキー。

Comment

Cask : 2nd Fill Sauternes Hogshead

The nose was interesting and unusual – nutty, herbal and earthy (chestnuts, peanut butter, black tea, putty, candied apples, caraway) – also toffee, caramel and polished wood.
The palate picked up some of these notes – peanut brittle, leather, vegetable crisps and some herbal liqueur – but also delivered tasty sweetness (sticky toffee pudding, treacle sponge and custard, Battenberg cake, Turkish Delight). ‘Curiouser and curiouser’
with water – the nose now developed witch hazel, aloe vera, Panacotta, banana chips and sweet and sour sauce.
The palate unwrapped some of the herbal elements – eucalyptus, bog myrtle, liquorice and wasabi peas.
Curious but nice stuff from Blackford’s distillery.

Price(価格)

¥13,500

プリントアウト用PDF

28.24.pdf PDF

リストへ戻る