The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

27.94

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

11

Alc.%

54.6

Cask Type(樽の種類)

1stfillSherryHogshea

Distilled(蒸溜年)

2000/03

Outturn(ボトリング本数)

351

Release(リリース日)

2011/12

 

 

Title(題)

謎めいた自堕落な女 Enigmatic big floozy

コメント

香りは変わっている(まさに謎)-焼き栗、糖分を焦がしてカラメルにしたイチジク、かすかにフルーツケーキの中の焦げたレーズン、串焼きのラム肉とくすぶっている堆肥。灰、ヒース、マーマイト(パンに塗るペースト状のイースト)、グリースガン(グリース注入用の工具)とタールもまた感じられる。
味はタール、焦げたレーズン、火にかけすぎたタジン(羊や鶏肉を使うアフリカの鍋料理)、トフィーの消し炭、汚れたカラメル、焦げた毛とイワシのバーベキューで、気前の悪そうな「自堕落な女」と評された。
加水した香りは魚料理の夕食を思わせる。加水によって味は当初の困惑を消し去り、驚くほど良い評価になった―クリーミーで優しい甘さ、チョコレートがけのトフィーや“ダイム・バー(チョコレートがけプラリネのバー)”とマディラワイン。
キャンベルタウンに残存する最も古い蒸溜所から。
色:磨き上げたクリ材(1.3) ソサエティ日本支部の一言【トーストしたレーズンと香ばしい焼き魚。クリーミーで温かみのある上質な甘み。飲むほどに旨みが増す。】

Comment

The nose was curious – an enigma – with roasted chestnuts, caramelized figs, slightly burnt raisins in a fruit cake, spit-roasted lamb and ‘smouldering compost’. We also found ash, heather, marmite, grease guns and tar. The palate was described, ungenerously, as a ‘big floozy’ – tar, burnt raisins, over-cooked tajine, cinder toffee, dirty caramel, singed hair and barbequed sardines. The reduced nose put us in mind of the wrapping on a fish supper. The reduced palate, despite earlier hesitations, was surprisingly good and scored well – now quite creamy, with gentle sweetness – chocolate-coated toffee, Daim bars and Madeira wine. From Campbeltown’s oldest surviving distillery.
Colour – polished chestnut(1.3)

Price(価格)

¥7,000

プリントアウト用PDF

27.94.pdf PDF

リストへ戻る