The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

27.84

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

12

Alc.%

58.0

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1997/06

Outturn(ボトリング本数)

213

Release(リリース日)

2010/Q Winter

 

 

Title(題)

馬に跨ったクリント・イーストウッド Clint Eastwood in the saddle

コメント

香りは肉臭く(レモンとハーブをかけたラム肉)、薬臭さにタールと糖蜜、タバコの袋、ボートのロープ。またチョコレート、ヘザー、バニラも香る。味は素晴らしい。大きく甘く、塩辛く、すっぱく、スパイシーでスモーキー。「火をつけたタバコを噛んでいるよう」。後味は心地よいブラウンシュガー。加水するとイチジク、緑のブドウ、平原、蜂蜜、羊毛脂、洗いの足りない皮革(セピオライトのタバコを吸う漁師のウールのジャンパーを想像した)。加水後の味は、十分に男らしさが立ち(皮革、タバコ、ウール)非常に興味深い。1つの表現に「馬に乗ったクリント・イーストウッド」。1828年創設の蒸留所は、今でも個人の所有となっている。

Comment

The nose was meaty (lamb with lemon and herbs) and medicinal, with tar, treacle, tobacco pouches and ropes on a boat. We also got some chocolate, heather and vanilla. The palate was fantastic - big, sweet, salty, citric, spicy and smoky, `like chewing a lit cigarette`, with pleasant brown sugar after-tastes. The reduced nose evoked figs, green grape, machair, honey, lanolin, leather - we imagined a meerschaum-smoking fisherman's woollen jumper, after one inadequate wash. The reduced palate had enough masculine weight (leather, tobacco, wool) to guarantee interest; `Clint Eastwood in the saddle` someone said. This 1828 distillery is still in private hands.

Price(価格)

¥25,000

プリントアウト用PDF

27.84.pdf PDF

リストへ戻る