The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

27.100

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

12

Alc.%

52.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2000/03

Outturn(ボトリング本数)

176

Release(リリース日)

2013/3

 

 

Title(題)

甘味と塩味の見事な共存 Superb Sweet and Salty Symbiosis

コメント

香りが、様々な場所へと誘う―港の壁(釣った魚を入れる箱、ロブスターを捕るためのわなかご)―古びたバイク車庫―石炭倉庫(石炭袋、新聞紙)―燻製小屋(魚ふたたび)―砂浜―テニスのロッカー―ギリシャの海辺のタベルナ(塩味のピスタチオ、ウーゾ(アニスや他のハーブで香りづけされたギリシャの蒸留酒)、レモン、ふたたび魚、薪窯オーブンでよく焼いたパン、)―まるで旅をしているかのよう!
味は、甘味と塩味の見事な共存と、あたたかくまろやかでインパクトのある口当たり―驚くべき甘さ(アーモンドとピーナッツの糖菓、リコリス アソート、ポップコーン)と、その一方で、依然して力強く、アニスの実とマスタードやチリの強烈な辛さが伴う。魚臭さの中にも甘味がある(甘く燻製されたニシン、甘い燻煙の魚の丸焼き)。
これぞキャンベルタウンといわれる蒸溜所から。

カラー:青白く金色に輝く月 (0.3)

ソサエティ日本支部の一言
【一言では言い表せないが、この蒸溜所に期待するものは全て詰まっていると言えるだろう。】

Comment

The nose took us places - a harbour wall (fish boxes, lobster pots) - an old bike shed - a coal shed (coal-sacks, newspaper) - a smoke-house (fish again) - a sandy beach - a tennis locker - a Greek seaside taverna (salted pistachios, ouzo, lemons, fish again, well-done loaves from a wood-fired oven); quite a journey!
The palate presented a superb sweet and salty symbiosis and a warm, mellow mouth impact - wonderful sweetness (sugared almonds and peanuts, liquorice allsorts, popcorn); yet muscular, with the nippy heat of aniseed, mustard and chilli. Even the fishiness was sweet (sweet-cured herrings, sweet smoky barbecued fish).
From the quintessential Campbeltown distillery.

Colour: Pale moon gold(0.3)

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

27.100.pdf PDF

リストへ戻る