The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

25.63

Region(エリア)

Lowland

Age(熟成年)

21

Alc.%

59.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1990/11

Outturn(ボトリング本数)

257

Release(リリース日)

2012/8 Life

 

 

Title(題)

洋ナシとコショウ Poire et poivre

コメント

そこはかとなく、発酵中のビールをほのめかす香り―ウォッシュバックの蓋の上の静物―青りんご、洋ナシ、ピーチ、レモンパフ、甘い刻みタバコを入った石のボウル、新鮮な春の花束。再び洋ナシ(今度はさらに熟成)、加えてフィジーフルーツ(レモン粉末ソーダ)も、さらに花(今回は盛夏の時期)としっかりとしたコショウのスパイス(‘洋ナシとコショウ’)の味がする。セカンドノージングは、穏やかなリコリス(デップ・ダブの粉末ソーダ)、タバコの葉、洋ナシとイラクサの粉末ソーダの香りがする。
加水によって、ベルガモットとフローラル系香水の軽やかで心地よい風味が加わり、やがて、軽くひりひりとする刺激的なフィニッシュ。
残念ながら今は現存しないファルカークの蒸溜所からのもの。
カラー:冬の月光(0.2)
日本支部の一言 【麦芽の香り。レモンピールや青リンゴ。軽やかな心地よさと刺激的な味わいが同居する。今は無きローランドの蒸溜所の一品。】

Comment

The nose suggested fermenting beer – still life on the lid of a washback – green apples, a pear, a peach, some lemon puffs, a stone bowl containing sweet pipe tobacco and a bunch of fresh spring flowers. Pears again on the palate (riper now), also some fizzy fruit (sherbet lemons), more flowers (this time from high summer) and definite peppery spice (‘poire et poivre’). The second nosing had mild liquorice (sherbet dib-dabs) tobacco leaf and pear and nettle sorbet. The reduced palate gave light, pleasant flavours of bergamot and floral perfumes; a mild tingly finish. From Falkirk’s sadly now defunct distillery.
Colour – winter moonbeams(0.2)

Price(価格)

¥12,000

プリントアウト用PDF

25.63.pdf PDF

リストへ戻る