The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

24.122

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

16

Alc.%

53.0

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1995/09

Outturn(ボトリング本数)

290

Release(リリース日)

2012/4

 

 

Title(題)

甘くとも成熟した味わい Sweet, but with grown up flavours

コメント

満足感を与える芳しい香りは乾燥洋ナシ、青リンゴ、シロップ付けのフルーツ、香料入りの石鹸、少しのペルノ、カラメルとダークチョコレートがけのショウガ。かすかに紙を燃やした煙もある。味はアマレッティ・ビスケット(アーモンドの粉を使ったビスケット)、蜂蜜、バーボン・クリーム(ココアクッキーでチョコレートクリームをはさんだ菓子)で、たっぷりと甘味があるだけでなく、かなり円熟した味わいがある―シナモン、クローブ、スターアニス、唐辛子、塩、メントール、火薬。
水を加えると香りはぐんと軽くなり、煮た洋ナシ、クリーミーなドラゴンフルーツ、オオバコや樹皮とともにジャスミン、ラッパ水仙と花の香りの石鹸。
加水すると、名残惜しいほどの楽しさを思い起こすクリスマス用のスパイス、キャロットケーキとルイボスティの甘味のあるフルーティな味。
蒸溜所はアベラワーとクレイゲラヒの間に位置する。
色:イエローゴールド(0.6)
ソサエティ日本支部の一言【ジンジャーアップル、花のようで焼きたてのクッキーの香ばしさ。】

Comment

The satisfyingly fragrant nose offered dried pear, green apple, fruits in syrup, scented soap, light Pernod, vanilla, caramel and dark chocolate gingers; also hints of smoke (from burning paper). The palate conveyed ample sweetness (amaretti biscuits, honey, bourbon creams) but also some quite ‘grown up’ flavours – cinnamon, clove, star anise, chilli, salt, menthol and gunpowder. The nose was much lighter with water – jasmine, daffodil and floral soap, alongside poached pear, creamy dragon fruit, plantains and tree bark. The reduced palate was sweetly fruity, with pleasant lingering Christmassy spices, carrot cake and Rooibos tea. The distillery lies between Aberlour and Craigellachie
Colour – yellow gold (0.6)

Price(価格)

¥10,500

プリントアウト用PDF

24.122.pdf PDF

リストへ戻る