The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

24.116

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

20

Alc.%

55.8

Cask Type(樽の種類)

1stFill Sherry Hog

Distilled(蒸溜年)

1990

Outturn(ボトリング本数)

202

Release(リリース日)

2011/09

 

 

Title(題)

心地よい喜びの渦巻く流れ A swirling stream of sweet pleasures

コメント

香りは、強烈でコクと深みがある―糖みつ、シェリー酒、クリスマスプディング、ナツメヤシ、メープルシロップ、トフィー、ビーカンナッツ、かすかにタールと樽製造のフロアからのかんな屑がかすかに香る。加水前の味は、舌を焦がすほどの辛さ、ソートントフィー、砂糖漬けのオレンジピール、ホット クロス バン(砂糖をまぶした十字つき菓子パン)、フライ セメタリーズ(カラントのフィリングをショートブレッドのようなものではさんだ英国菓子)【何かが火葬されたのかも!】。加水によって、香りは和らぎ-シュトーレン(ナッツやレーズン入りの甘いドイツパン)、パンナコッタ、マーマレードのついたブリオッシュ、そしておそらくひとすじのスモークが香る。加水後の味は、まろやかで口当たりがよくなる。味は、心地よい喜びの渦の流れに転げまわるかのよう―穏やかなスパイスと、パディントンベアー(その通り―今やテディベアー)が喜ぶほど十分にマーマレードの味がする。クライゲラキ蒸溜所からみて、スペイ川の対岸にある蒸溜所から。
カラー:濃い赤銅色 (1.2) ソサエティ日本支部の一言【ダークチョコ、ドライフルーツ、糖蜜などの上質な甘い香りが漂う。味は砂糖づけのオレンジピールやたっぷりのマーマーレード。心地よい味わい。】2011/9 Release

Comment

The nose was intense, rich and dark (a bear but no teddy) – treacle, sherry, Christmas pudding, dates, maple syrup, toffee, pecans, hints of tar and wood shavings from a cooperage floor. The unreduced palate had tongue-roasting heat, Thorntons toffee, candied orange peel, hot cross buns and fly cemeteries (some were maybe cremated!). Water sweetened the nose – stollen, pannacotta and brioche with marmalade; perhaps a thread of smoke. The reduced palate became velvety and quaffable; flavours tumbled in a swirling stream of sweet pleasures – soft spices and enough marmalade to please Paddington Bear (yes – a teddy now). Across the Spey from Craigellachie.
Colour – rich copper (1.2) 2011/09 Release

Price(価格)

¥12,000

プリントアウト用PDF

24.116.pdf PDF

リストへ戻る