The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

24.102

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

23

Alc.%

54.4

Cask Type(樽の種類)

Refill Hogshead

Distilled(蒸溜年)

1985/04

Outturn(ボトリング本数)

234

Release(リリース日)

2008 Winter

 

 

Title(題)

チョコレートのアロマテラピー Aromatherapy with chocolate

コメント

パネルは香については意見が一致した。ダークチェリー、マジパン、トフィー、トースト上の芳醇なマーマレード、シガーボックス、メンソール、家具のツヤ出し、マニキュア。満足なことにこれら全てが口の中にまとわりつき、舌はドライさを感じる。スパイシースモークもかすかにある。加水すると香はさらにアロマティックになり、ゼラニウムやオレンジオイル、バニラ、キャンドル、乳香(アロマテラピー受けているようだと誰かがコメントした、チョコレートスイスロール!と女性のシェフが付け加える。)加水すると味はトフィー、燃やしたヒースに変わる。最後は言葉にならなかった、味には大満足。シャトーという評判に恥じないイースターエルチーの蒸留所。

Comment

The Panel agreed about the nose - dark cherries, marzipan, toffee, rich marmalade on toast, cigar boxes, menthol, furniture polish and nail varnish. To our satisfaction all this transferred to the mouth-coating, tongue-drying palate - with additional hints of spicy smoke. The reduced nose seemed more aromatic with geranium and orange oils, vanilla, candles and frankincense (`like an aromatherapy session` said one, `with a chocolate Swiss Roll!` added the lady chef. The reduced palate was toffee and burning heather. By the end, Panel not saying much but plenty of contented lip-smacking. The distillery at Easter Elchies living up to its chateau reputation.

Price(価格)

¥14,000

プリントアウト用PDF

24.102.pdf PDF

リストへ戻る