The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

23.62

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

6

Alc.%

63.5

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2002/07

Outturn(ボトリング本数)

290

Release(リリース日)

2009 Autumn

 

 

Title(題)

威勢よく舌を刺激する炭酸 A feisty tongue-fizzer

コメント

2001年にこの蒸留所が再開されて以来のウィスキーの質の高さを証明している。香りは特に複雑ではないが、レモンの吐息と緑のリンゴのフレッシュさが、バター入りのファッジとジャムドーナッツと共存していて、心地よい。ストレートの味は活気に溢れ、舌を刺激する。それにアップルスノーとバターっぽい風味とかすかなスモーク。加水すると、アップルパイとカスタードの素敵な甘さの香り。その後、ユーカリがかすかに現れる。かすかなスモークとわずかな軽い渋み(グリーンウッド、レモンの皮、そしてシャーベット)とバランスの取れたバニラの甘さが舌に残る。Rhinns産のこの軽い食前酒は、この年数としたら素晴らしいと思う。

Comment

Evidence of the quality of whisky since this distillery re-opened in 2001; the nose was not vastly complex, but pleasant, with lemon puffs and green apple freshness sitting along-side buttery fudge and jam doughnuts. The unreduced palate had feisty, tongue-zapping fizz, with apple snow, buttery notes and subtle smoke. The reduced nose had the lovely sweetness of apple pie and custard; later suggesting eucalyptus. The palate retained all that vanilla sweetness, balanced by hints of smoke and some light bitterness (green wood, lemon zest and sherbet). We thought this spritzy, aperitif dram from the Rhinns was stunning for its age.

Price(価格)

¥5,500

プリントアウト用PDF

23.62.pdf PDF

リストへ戻る