The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

2.80

Region(エリア)

Speyside

Age(熟成年)

15

Alc.%

60.1

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1996/04

Outturn(ボトリング本数)

617

Release(リリース日)

2012/06

 

 

Title(題)

途方もなく芳醇で風味豊か Ridiculously rich and flavoursome

コメント

この上もなく濃縮された香りは物置小屋、ガレージの前庭、シェリー酒の貯蔵庫―かんなくず、整備工の作業用つなぎ、ペドロ・ヒメネス、コークシロップ、リコリス、バルサミコの香りとイェトスト(ノルウェー産山羊のチーズ)を思い出す。
加水後さらに甘くマイルドになり、チョコレート、ナッツ(くるみホイップ)、エッグノッグ、キュプリノール(木製防腐剤)を塗った柵柱の香りがする。加水前の味は、強烈で舌鼓を打つほどおいしく、魅惑的で極度に甘いが、その反面、コショウと灰のようなものを感じ、ダークシェリーまたはマディラ酒を思い出す。加水しても、途方もなく芳醇で風味豊か―スパイシーなチョコレートムース、ラム酒入りケーキと濃厚なカスタード、やがてフィニッシュは、マーマレードとナツメグを感じる。
1824年、象徴的存在の蒸溜所は、ジョージ・スミス氏によって創業された。
カラー: シエナ色(黄褐色) (1.4)
ソサエティ日本支部の一言【甘口なシェリー酒と樽香。ナッツ入りチョコバー。芳醇で風味がとても豊か。】

Comment

The highly concentrated nose had evocations of tool sheds, garage forecourts and sherry bodegas – wood shavings, mechanic’s overalls, Pedro Ximenez, Coke syrup, liquorice, balsamic and gjetost (Norwegian brown cheese). Much sweeter and gentler with water, the nose now offered chocolate, nuts (walnut whip) egg-nog and Cuprinoled fence posts. The unreduced palate was intense, lip-smacking and mouth-drawing, extremely sweet but peppery and ashy, reminding us of dark sherry or Madeira wine. Even with water it was ridiculously rich and flavoursome – spicy chocolate mousse, rum baba and thick custard, with a marmalade and nutmeg finish. Iconic 1824 distillery founded by George Smith.
Colour – Sienna (1.4)

Price(価格)

¥8,500

プリントアウト用PDF

2.80.pdf PDF

リストへ戻る