The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

132.5

Region(エリア)

Japan

Age(熟成年)

14

Alc.%

58.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1999/06

Outturn(ボトリング本数)

495

Release(リリース日)

2014/2

 

 

Title(題)

甘く、ほの暗く惑わせる Sweet and darkly beguiling

コメント

甘く、暗い香りが悪魔的に惑わせた - エスプレッソに残ったデメララ糖の滓、モラセス、ハチミツがけイチジク、オートミールビスケット、アニスキャンディ、甘く濃い紅茶、そしてダークチョコレート;ユーカリ、その後に鉛筆の削り屑がやって来た。
味は - タールの多いタバコ、ガリバルディビスケット、濃厚なオレンジピール、バルサミコソース、そして豆鼓醤の塩辛く、糖蜜のような、食欲をそそる攻撃 - 歯をきしませる、悪魔的なタンニンがあった。
加水すると香りはさらに美味しそうになった - 野ウサギのプルーン煮込みとヒッコリー燻製あばら肉。その味は、タンニンのムチ打ちこそ減ったものの、やはり甘やかに悪意があり、北京ダックと地獄の燠火に捧げられた使い込んだ皮のムチを伴った。
この蒸溜所はかつてブドウ畑だった。

Comment

The sweet, dark nose was satanically beguiling – Demerara dregs in espresso, molasses, honeyed figs, flapjacks, blackjacks, sweet black tea and dark chocolate; eucalyptus, and pencil shavings came later.
The palate – a salty, treacly, mouth-watering assault of tarry tobacco, garibaldis, thick orange peel, balsamic glaze and black bean sauce – squeaked the teeth and found the tannic in Satanic.
The reduced nose became more savoury – jugged hare with prunes and hickory-smoked ribs. The palate had less tannic thrash but remained sweetly sinister, with Hoisin duck and a well-used leather tawse sacrificed in the glowing embers of hell.
The distillery was once a vineyard.

Price(価格)

¥14,500

プリントアウト用PDF

132.5.pdf PDF

リストへ戻る