The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

131.1

Region(エリア)

Japan

Age(熟成年)

22

Alc.%

57.4

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

1991/01

Outturn(ボトリング本数)

212

Release(リリース日)

2014/2

 

 

Title(題)

セクシーさの罪深い側面 The sinful side of sexy

コメント

深く、雰囲気に富む香りは芸術家のアトリエ(木材、ペンキ、カンバス、亜麻仁油)を思い起こさせた;同時にアロマテラピーの部屋、ベロアのソファ、イランの敷物、ジャコウのような香水、白檀油、男性専用クラブの臭い - 明らかに煙たくて塩辛く、罪深いセクシーさの一面だ! 
ストレートの味は魅惑的で異例 - 白檀、樹脂、ジャコウ;クリーミーなバニラとエキゾチックな果物がクローブ、リコリス、年代物のコニャックと動き回った - 私たちは完全に虜になった。
加水すると、まだセクシーな香りがさらに男性的になった - 理髪店と葉巻貯蔵室;トロピカルローズ、香木から立ちのぼる煙、そしてクローブキャンディ。素晴らしく美味しい味はその謎めいた魅力で私たちの味蕾を刺激し、誘惑した。
生産は2000年頃に終わった。

Comment

The deeply atmospheric nose evoked an artist’s studio (wood, paint, canvas, linseed oil); also aromatherapy parlours, velour sofas, Iranian rugs, musky perfume, sandalwood oil, dirty vanilla – definitely the smoky, salty, sinful side of sexy!
The neat palate was fascinating and unusual – sandalwood, resin and musk; creamy vanilla and exotic fruits jiggled around with clove, liquorice and old cognac – we were totally captivated.
With water, the still sexily-scented nose became more masculine – barber shops and humidors; tropical roses, smoke from aromatic wood and clove rock.
The fantastically tasty palate tingled and seduced our taste-buds with its mysterious allure.
Production ceased around 2000.

Price(価格)

¥27,500

プリントアウト用PDF

131.1.pdf PDF

リストへ戻る