The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

129.2

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

4

Alc.%

61.6

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2007/12

Outturn(ボトリング本数)

250

Release(リリース日)

2012/9 Life

 

 

Title(題)

カイバ袋の中のミントキャンディー Humbugs in a horse’s nose-bag

コメント

香りは元気良くしかしスピリッツ感が強すぎず、こんがり焼いた大麦の素晴らしいあたたかさがある。バターを塗ったクランペット(イギリスの硬いパンケーキ)、紅茶、コショウ、ローズマリーとオリーブを添えたチャバタ(パンの種類)。
その熟成年数を考えれば、この味は「ワオ!」と驚くほどのものである。
麦芽糖やチューインガム、ふっくらと焼き上げられたロールパンの甘くスモーキーな味わいが洪水のように押し寄せる。
加水後の香りはトフィーとミント-昔懐かしい「ハムバグ (縞模様のミントキャンディー)」ではなく-甘い焼きリンゴ、焼き網の下に点火されたがまだ十分でない火(新聞、枝、石炭)。味は一滴の水を落とすと、馬の鼻先に下げられたカイバ袋の中のミューズリー (ドライ・オートミール、ココナッツ、ナツメヤシ入り)。
アイラの最も西に位置する蒸溜所から。
色:淡いイエローゴールド(0.2)
ソサエティ日本支部の一言【強烈なスモーキーな中にペアドロップや塩、少しコショウ。爽やかなシトラス。ファームディスティラリーズ(農場型蒸溜所)スタイルに着目し、2005年にこのエリアでは124年ぶりに設立された蒸溜所。】

Comment

The nose, feisty, but not too spirity, carried gorgeous toasted barley warmth, buttered crumpets, black tea, pepper and ciabatta bread with rosemary and olives. Considering the age, the taste had a distinct ‘Wow!’ factor; floods of sweet, smoky flavours including barley sugars, chewing gum and well-fired rolls. The reduced nose offered toffee and mint (not unlike old fashioned humbugs) sweet baked apple and a fire set in the grate, but not yet lit (newspaper, sticks and coal). The palate, with a drop of water, suggested muesli, (dried oats, coconut, dates) in a horse’s nose-bag. From the most westerly Islay distillery.
Colour – pale yellow gold(0.2)

Price(価格)

¥6,000

プリントアウト用PDF

129.2.pdf PDF

リストへ戻る