The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

128.2

Region(エリア)

Wales

Age(熟成年)

7

Alc.%

50.5

Cask Type(樽の種類)

1stFill Madiera Hogg

Distilled(蒸溜年)

2002/09

Outturn(ボトリング本数)

277

Release(リリース日)

2011/04 Ex.

 

 

Title(題)

カリブ海からのそよ風 Caribbean breeze

コメント

心を和ませる香りは、チェリーリップ(グミ)、ルバーブのタルト、アカフサスグリ、のちにジンジャーケーキやプレッジ ファニチャー ポリッシュがあらわれる。加水前の味は、幾重にも重なり、フルーツケーキ、マジパン、粉砂糖、採れたての根生姜、アカフサスグリが口の中に広がる。
加水すると、香りはより和らぎ、年月を経たようになる。革や蜜蝋、松ヤニ、のちにバッテンバーグケーキ(2色のスポンジケーキをマジパンで包んだケーキ)とスポンジケーキが香る。加水後の味は、“ものすごくクリーミー”で、アーモンドとチェリーケーキ、椰子の木とグリーンジンジャー ―樫の最も甘い部分を感じる。あと味は驚くほど辛口。
ウェールズ語(ケルト語系のブリトン語)で「鳥の頭」を意味する蒸溜所。2000年から操業している蒸溜所。
カラー : 焼き黄土色 

Comment

The relaxing nose brought cherry lips, rhubarb tart and redcurrants;ginger cake and Pledge furniture polish. The unreduced palate was multilayered and mouth-filling with fruitcake, marzipan and icing sugar, fresh root ginger and redcurrants. Water brought out softer antique-like aromas with leather,beeswax and resin; Battenburg and sponge cake. The reduced palate became “oh so creamy” with almond and cherry cake, palm trees and green ginger – the sweetest parts of the oak. The finish was surprisingly dry.
The distillery was established in 2000.
Colour – burnt ochre

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

128.2.pdf PDF

リストへ戻る