The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

127.8

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

9

Alc.%

66.5

Cask Type(樽の種類)

RefillBarrelexBourbo

Distilled(蒸溜年)

2001/12

Outturn(ボトリング本数)

255

Release(リリース日)

2011/06

 

 

Title(題)

ウイスキー ビンダルー(肉や魚を酢やワインで煮込んだ辛いカレー料理) Whisky Vindaloo

コメント

ペンキを塗った棚の上に貝殻が飾られている船員のキャビン、ヒマワリ油漬けのツナの缶詰、軽く衣をつけて揚げたホタテのタルタルソース添えの香りがする。味は一色触発―口の中で爆発する火山、さらに軽く焦がしたガーリックとトウガラシ、焦げたバーベキューポークリブとオニオン チャツネ(玉ねぎを酢・スパイス・砂糖で煮つめて作るインドの薬味)が伴う。加水すると、その特徴は和らぎ、燻したムール貝、味噌で煮込んだ魚介スープ、ディルをちりばめ、ベアルネーズ(タラゴン・ハーブ)ソースが添えられた原形をとどめたままの海老―すべてを盛った大皿料理の香りがする。味は、ヒースやバラのドライフラワーなど非常に花の性質を感じ、あとから、炭と遠くに立ち昇るスモーク、カラメル色になるまで炒めた玉ねぎと海老のチリソースがあらわれる。
このアイラ島の蒸溜所は、75年間の閉鎖期間ののち、2007年再開をした。
カラー:ムーンライト (0.7)
ソサエティ日本支部の一言【 フィッシュ&チップス、温泉、炭火焼ポークリブ、大量の煙の奥にしっかりとした甘さが現れる。】2011/06 Release

Comment

The nose took us to a seafarer’s cabin with sea shells displayed on a painted shelf, tinned tuna in sunflower oil and a dish of lightly battered scallops with tartare sauce. The palate was explosive – a volcano erupting in the mouth – with charred garlic and chilli, burnt barbecued pork ribs and onion chutney. With water, the character softened to a platter of smoked mussels and seafood broth containing miso fish and intact prawns with a sprinkle of dill and bearnaise (tarragon, herbs) sauce. The reduced palate was remarkably floral with heather and dried rose, followed by char and distant smoke, burnt caramelised onion and chilli prawns. This Islay distillery was reopened in 2007 after being closed for 75 years. Colour:Moonlight 2011/06 Release

Price(価格)

¥7,000

プリントアウト用PDF

127.8.pdf PDF

リストへ戻る