The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

127.7

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

7

Alc.%

66.6

Cask Type(樽の種類)

Refill Butt

Distilled(蒸溜年)

2003/04

Outturn(ボトリング本数)

687

Release(リリース日)

2011/04

 

 

Title(題)

本質的な自由を味わう A sense of elemental freedom

コメント

艇庫の中の麻紐の球、パテ(接合剤)やクレゾールに近く、戸外でバーベキューをする際漂う、灰だらけのステーキ、ビルトング(塩味の切干肉)、煙の匂いのついたケーキドーナッツの匂いがする。加水前の味は、アカフサスグリとともに、‘まるで木灰を吸い込んだよう’。加水によって、排気ガスやエンジンオイルとともに、カルマック(カレドニアン-マクブレイン)フェリーのカーデッキの匂いが取り除かれる。フィシュボールを食べているよう。大量のスモークとともに、羊毛脂(ラノリン)と洗羊液の味がし、やがて飛行場へと連れて行かれたように感じる(‘コンコルドの革張りシートに座っている’、または、羊毛製のスカーフを巻いてクラシックカーに乗っている感じ)。アイラ島が‘誇る独立系’蒸溜所から、人気の際立つ作品。
カラー:赤褐色、よく磨かれたマホガニー

Comment

Balls of twine in a boat-shed, with putty and creosote not far away, and outside, a barbeque – ashy steaks, biltong, smoky cake dough. The taste, straight, is ‘like inhaling wood ash’, but with red-currants. Water removed us to the car deck of a Cal-Mac ferry, with exhaust fumes and engine oil. We were eating fish-cakes. Now the taste is of lanolin and sheep-dip, with bags of smoke, and we were transported to an aerodrome (‘sitting in a leather seat on Concorde’, or in a classic car, wearing a woolly scarf). A big, bold expression from Islay’s ‘proudly independent’ distillery
Colour: Auburn, well-polished mahogany

Price(価格)

¥6,000

プリントアウト用PDF

127.7.pdf PDF

リストへ戻る