The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

127.4

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

8

Alc.%

66.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2001/12

Outturn(ボトリング本数)

238

Release(リリース日)

2011/03

 

 

Title(題)

カトマンズへの道 On the road to Kathmandu

コメント

スモーキーで薬草の香りに涙がこぼれる。ミネラルと海に関する香りもする。ヒース、ベーコン、コーンフレークとタールが伴う。加水前の味は、荒々しい―甘く、タールと薬草、そして肉の味がする。まるでスモークと舌の上を悪魔のように踊る炎のよう。(焦げた植物性薬品と焼かれて灰になったトースト)加水後の香りもまだ要注意。すみれ、松、パチョリ、その他‘ヒッピーの香り’に、新しく塗られたタールが伴う。―‘カトマンズへの道’と一人のパネリストが連想する。加水後の味は、たいしたもので、―タール、スモーク、燃えた花、黒っぽい菓子(チョコレートとリコリスファッジ)―まるで歯を抜かれたような感じだが、すばらしい特性を持つ。おそらく、蒸溜所ナンバー23の‘ミディアムなピート’のバージョン。神のご加護がありますように!

Comment

The smoky, herbal nose brought tears to our eyes. It also had mineral and maritime notes, with heather, bacon, cornflakes and tar. The unreduced palate was fierce - sweet, tarry, herbal and meaty; smoke and flames danced diabolically on our tongues ('burnt botanicals' and incinerated toast). The reduced nose still required caution - violets, pine, patchouli and other 'hippy fragrances', with freshly laid tar - 'the Road to Kathmandu' suggested one panellist. The reduced palate remained huge - tar, smoke, burnt flowers and dark sweetness (chocolate and liquorice fudge) - tooth-stripping, but with great personality. Supposedly a 'medium-peated' version of distillery 23 - Heaven help us!

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

127.4.pdf PDF

リストへ戻る