The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

127.30

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

10

Alc.%

66.8

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2002

Outturn(ボトリング本数)

252

Release(リリース日)

2013/6

 

 

Title(題)

脈動する強さ Pulsating intensity

コメント

私たちは目に滲みる煙に包み込まれた – 海辺の燻製小屋かバーベキュー(燃えさし、木炭、ソーセージ、燻したベーコン)、タールを塗ったロープと消毒軟膏;煙の背後には甘さが隠れていた – トフィー、砂糖掛けのフェンネルシード。味は顔をしかめるほどに猛烈な脈動する強さ – 「燃えるようだ!」と、あるパネリストは叫んだ。熱い火山灰、炒り過ぎのクルミ、焦げたサバの皮、アスファルト、微かな堆肥、そのすべてが包帯にくるまれていた(誰かの描写では「ミイラにキスしている」よう)。加水した香りは – プラスチックの灰皿で網焼きした魚と車のタイヤに入れたバニラアイスクリーム。味は – 薬剤師の乳鉢か海泡石パイプを舐めたよう。それでもLaddieの蒸溜所からの最もスモーキーなウイスキーのスタイルではないというのは信じ難い。

カラー:溶けた黄金

ザ・ソサエティ日本支部の一言
【このモルトに期待する強烈なスモークを存分に楽しむことが出来る。強く、熱く、煙がいつもでもまとわりつく。】

Comment

Eye-watering smoke engulfed us – a beach smoke-house or barbeque (embers, charcoal, sausages, smoky bacon), tarry ropes and Germolene; sweetness hid behind the smoke – toffee, sugar-coated fennel seeds. The palate had huge, pulsating, face-twisting intensity – ‘I'm on fire!' exclaimed one panellist. Hot volcanic ash, over-roasted chestnuts, charred mackerel skin, asphalt and hints of compost were all tangled in bandages (‘kissing a mummy' as someone put it). The reduced nose – grilled fish in a plastic ashtray and vanilla ice-cream in a car tyre. To taste – licking an apothecary's mixing bowl or a meerschaum pipe. NOT the smokiest whisky style from Laddie-land – incredibly.

Colour : Molten gold

Price(価格)

¥7,500

プリントアウト用PDF

127.30.pdf PDF

リストへ戻る