The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

127.24

Region(エリア)

Islay

Age(熟成年)

8

Alc.%

66.0

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2003/08

Outturn(ボトリング本数)

242

Release(リリース日)

2012/06

 

 

Title(題)

導火線と退去 Light blue touchpaper and retire

コメント

木炭、油の刺激臭、微量の石油、ろうそくの蝋の香りは、これから起こることの前触れ、ほどなく、甘くあめ色になるまで炒めたたまねぎ、タラゴン、リコリスがあらわれる。甘くて辛い味覚の爆発の後、マーズバー、トフィー、革製のバイクジャケット、油っこい舌触りを感じる。わずかな時間にもかかわらず、加水によって、さらにアロマが引き出され、バーベキューを思う―焦げ目の付いた野菜、蜂蜜がけでパイナップルと一緒の塩漬けした豚肉のもも肉と灰っぽい燃えさし。あまりの埃っぽさに、バニラチーズケーキ、シナモン、パプリカ、わずかに焦げたゴムのにおいが伴う。さらに一口すすると、ラムのキャセロール、食器洗い洗剤、燻したダイジェストビスケット、トフィー、表面を焦がした焼きリンゴ、チョコレートミルクと薬の香りあらわれる。
姉妹蒸溜所ナンバー23。
カラー:マイルド ゴールド(0.2)
ソサエティ日本支部の一言 【キャンプ場のキャンドル。ベーコンで巻いたエメンタルチーズ。ほのかにがしっかり焼かれたリンゴタルト。】

Comment

Charcoal, oily fumes, traces of petrol and candlewax on the nose were a sign of things to come. Then sweet caramelised onions, tarragon and liquorice. After the hot and sweet taste explosion there were Mars bars, toffee, a biker’s leather jacket and an oily mouthfeel. With a bit of time, water brought out more aromas. We thought of bbqs – charred vegetables, gammon with honey and pineapple and ashy embers. It was dusty too with vanilla cheesecake, cinnamon, paprika and a hint of burnt rubber. Another sip revealed lamb casserole, washing up liquid, smoked digestive biscuits, toffees, singed baked apples, chocolate milk and medicinal notes. From the sister distillery to number 23.
Colour: Mid gold(0.2)

Price(価格)

¥6,000

プリントアウト用PDF

127.24.pdf PDF

リストへ戻る