The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

126.1

Region(エリア)

Campbeltown

Age(熟成年)

11

Alc.%

56.7

Cask Type(樽の種類)

Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1997/07

Outturn(ボトリング本数)

207

Release(リリース日)

2009/Summer

 

 

Title(題)

魅惑的で心地よい Enchanting and delightful

コメント

実質的なカスクの影響と軽めの酒の魅惑的なコンビネーションにより、カラメルでからめた栗、リコリスの根、サトウキビの糖液、プルーン、茶箱が香る。味はすべての人を喜ばせ、特に、The Lady-chef(レディーシェフ)は、マーマレードを作る場面、フルーツケーキをオーブンから出す場面、茶で燻したアヒルを料理している場面を思い浮かべた。加水すると、中国風スペアリブ、焦がした砂糖、ペドロヒメネス(貴腐ブドウの甘口シェリー)、セイヨウイボタの切花、ラテックスのゴム手袋が香る。やがて時間がたつと、実に見事なものになる。加水された味は、とても親しみやすく、ベルベットのような甘さは、乾燥した樹木と色の濃い果物の香り(プラムの種、イチジクのジャム)、そして心地よいチクチクする残留感をともなう。この蒸溜所は、3種の異なるスタイルのウイスキーを製造する。これは、3回蒸留を行い、ピート処理がされていない。

Comment

An enchanting combination of substantial cask influence and light spirit, the nose gave up caramelised chestnuts, liquorice root, treacle, prunes and tea chests. The palate delighted us all, especially the Lady-chef, who imagined making marmalade, drawing fruit cake from the oven and cooking tea-smoked duck. The reduced nose had Chinese spare ribs, burnt sugar, Pedro Xim?nez, cut privet and latex gloves; truly amazing given time. The palate, with water, became very approachable; velvety sweet with dry woodiness, deep fruity notes (plum stones, fig jam) and a pleasant, tingling after-sensation. This distillery makes three different styles; this is triple-distilled and unpeated.

Price(価格)

¥8,000

プリントアウト用PDF

126.1.pdf PDF

リストへ戻る