The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

121.54

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

9

Alc.%

58.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2002/07

Outturn(ボトリング本数)

192

Release(リリース日)

2012/10

 

 

Title(題)

何も心配ないさ Don’t worry about a thing…

コメント

驚くほどフルーティで、よい香りがする ― パッションフルーツ、パイナップル、シャーベット水、マンゴ、チェリー、シトラス、キウイ-他にもたくさんある ― 蜂蜜、バニラビーンズ、フリージアと革 ― 快楽主義者の人生と太陽はセットになっているようなものだ!
加水後の香りは、ボブ・マリーの'Don’t worry about a thing’の歌声を聴きながら、無人島でピナコラーダをすすっているような気分。加水後の味は、ほとんど同じ ― 熟れたマンゴー、ココナッツミルク、ライムとゲヴュルツトラミネール ワインの果実味あふれるカクテルを飲んでいるよう。加水によって熱さは下がるが、強烈な風味は変わらない。
「すばらしい!」とあるパネリストが言えば、「自分好みの一杯!」というものもいる。
蒸溜所には、定期的にイヌワシが訪れる。
カラー:イヌワシのくちばし (0.5)
ソサエティ日本支部の一言 【南国リゾートビーチでトロピカルカクテルを飲んでいるような最高の気分!マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツがこれでもかと溢れ出る。もう一杯飲みたくなる。】

Comment

A fabulously fruity, perfumed nose – passion-fruit, pineapple, sherbet, mango, cherry, citrus, kiwi – and much more – honey, vanilla pod, freesias and leather – it promised a life of hedonism and sunshine! The reduced nose had us sipping piña coladas on a desert island beach while Bob Marley sang ‘Don’t worry about a thing...’ The unreduced palate was much the same – a fruity cocktail with ripe mango, coconut milk, lime and gewürtztraminer wine – with considerable heat. Water reduced the heat but not the flavour intensity – ‘Fantastic’, said one panellist; ‘My kind of dram!’ said another. The distillery is regularly visited by golden eagles.
Colour – a golden eagle’s beak (0.5)
2012/10

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

121.54.pdf PDF

リストへ戻る