The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

121.52

Region(エリア)

Island

Age(熟成年)

9

Alc.%

59.9

Cask Type(樽の種類)

Refill Barrel

Distilled(蒸溜年)

2002/07

Outturn(ボトリング本数)

242

Release(リリース日)

2012/03

 

 

Title(題)

モーゼルワインとキンレンカ Moselle and nasturtiums

コメント

ソフトで穏やか―バニラスポンジ、リンゴの甘煮またはサワーアップル・チュー(甘酸っぱいリンゴ味のソフトキャンディ)、熟していない洋ナシ、桃の皮とネクタリン。その後、かすかにジャスミンを伴うライムのようなシャープな香り。
水で甘みを増す―モーゼルワインで柔らかく煮た洋ナシ―そして温かいビニールとインク漏れしたビック・ビロ(ボールペン)のエステリーな香りが女性用のフェイスパウダーとともに昇ってきて、温かいアップルパイへと発展していく。
ナチュラルストレングスでは味はかすかなリンゴと小麦粉で辛くシンプル。
水を加えると甘くスパイシーになり、ぱちぱち弾ける炭酸飲料、キンレンカ(花)を食べたようなかすかな苦味のあるフィニッシュ。
この蒸溜所がある島はスコットランドのミニチュアとして知られている。
色:9カラット(9K)の金、白ワイン(0.9)
ソサエティ日本支部の一言【バニラアイスがかったリンゴとピーチ。心地よいビターフィニッシュ。】

Comment

Soft and gentle, with vanilla sponge, tart apples (or sour apple chews), hard pears, skins of peaches and nectarines, then a sharper note, like lime, with traces of jasmine. Water sweetens it – ‘poached pears in Moselle’ – and raises estery notes of warm vinyl and ‘leaky BIC biro’, with ladies face powder, developing to warm apple pie. At natural strength the taste is hot and simple, with traces of apple and flour; water makes it sweet and spicy, with a spritzich fizz and a slightly bitter finish, like eating nasturtiums. The island on which this distillery is located is known as ‘Scotland in miniature’.
Colour: 9CT gold, white wine(0.9)

Price(価格)

¥6,500

プリントアウト用PDF

121.52.pdf PDF

リストへ戻る