The Scotch Malt Whisky Society
SMWS UK
ザ・ソサエティについて
イベント情報 会員さまへ お問い合せ


ソサエティ アーカイブ

116.19

Region(エリア)

Japan

Age(熟成年)

20

Alc.%

61.3

Cask Type(樽の種類)

1st Fill Sherry Butt

Distilled(蒸溜年)

1994/02

Outturn(ボトリング本数)

526

Release(リリース日)

2015/2

 

 

Title(題)

スイーツショップのそばのタバコ店 Tobacconist by a sweetie shop

コメント

カスクタイプ:バージンオークパンチョン
香りは、ラベンダーの香りの磨き油、ワックスと木材、「レイクランド」の色鉛筆缶、バブアー・ジャケット、ラムレーズン、バニラ、赤砂糖、ピーチリキュール、そしてサワーアップル・キャンディの実に快い組合わせだった。
加水すると、オランダのアムステルダムにあるタバコ屋の外で、運河に浮かぶハウスボートを想像した。ニートの味には店が開けるほどの甘さがあった – 「ダイム」バー、ジョリー・ランチャー、ハムバグ・ハッカキャンディ、甘酸っぱいドロップ、チェリーリップス、ジェリーベビー、などなど – それから樹皮、噛んだ鉛筆、花々とお香も – 快い香りの付いた木材の印象。
加水するとさらにハーブ系の風味が現れた – タラゴン、リコリス、タイム、五香 – やはり甘いが、よりダークでビターな風味が割り込み始める。

Comment

The nose was a very pleasant combination of lavender polish, wax and wood, a tin of Lakeland pencils, Barbour jackets, rum and raisin, vanilla, brown sugar, peach liqueur and sour apple sweets.
With water, we imagined a canal house-boat outside a Dutch tobacconist in Amsterdam. The neat palate had enough sweets to open a shop – Daim bars, Jolly Ranchers, humbugs, acid drops, cherry lips, jelly babies, etc. etc. – also tree bark, chewed pencils, flowers and incense – pleasant perfumed wood impressions.
More herbal flavours emerged with water – tarragon, liquorice, thyme and five-spice – still sweet but darker, bitter flavours beginning to edge through.

Price(価格)

¥40,000

プリントアウト用PDF

116.19.pdf PDF

リストへ戻る